「中傷サイトの順位を下げたい」ときに

インターネットの誹謗中傷サイトの検索順位を下げたいとき、最も効果的な対策となるのが逆SEO(リバースSEO)です。逆SEOが成功すれば、現在GoogleやYahooの検索でトップページにある誹謗中傷サイトが数ページ目以降に下がります。これによって、中傷の記事が多くの人の目に触れなくなり、風評被害が減ります。

期間

逆SEOは、一般的に個人名の場合で2、3か月くらいの期間がかかることが多いです。安易度が高いケースでは半年かかることもあります。一方、簡単なケースでは1か月で対策が完了します。

売上を伸ばす効果も期待

企業の逆SEO対策では、その企業様にとってポジティブな内容のWEBサイトを上位表示させるという手法を使います。 ポジティブサイトが消費者の目に触れやすくなり、売上を伸ばす効果が期待できます。

風評被害を防ぐ

削除までの長く、険しい道のり

ネットで悪質な誹謗中傷が行われたら、すぐに削除されるのが理想です。しかし、現実にはなかなか削除できない場合もあります。個人に対する明らかな名誉毀損についてはスムーズに削除に応じるSNSやブログ、掲示板も増えていますが、拒否や無視、放置をするサイトも少なくありません。

サイト管理会社や書き込みをした人物が削除に応じないときは、裁判などの法的手段をとることになりますが、残念ながら、決着までには長期の期間を要する場合が大半です。また、そもそもWEBサイトが海外のサーバーにあったり、運営者・管理者の連絡先が把握できいといったケースでは、削除の手続きが難航する傾向があります。

業績低迷を回避

誹謗中傷サイトが削除されないと、いつまでも信用毀損や風評被害に苦しめられ、業績低迷につながりかねません。そこで、誹謗中傷サイトが極力、消費者の目に触れないようにする取り組みが必要となります。そのための方法が、逆SEOです。逆SEOを行うことで、風評被害の拡大を食い止めることが可能となります。

自己完結型の誹謗中傷対策

ネットの書き込みやブログ記事の削除を要請すると、書いている人を刺激する恐れがあります。また、削除依頼をしたことがネット上に晒されると、イメージダウンになったり、批判が拡散する恐れもあります。また、誹謗中傷を行っている人物とコンタクトをとるのが嫌だというケースもあるでしょう。

相手を刺激せずに済む

逆SEOは、誹謗中傷している者と一切コンタクトをとることなく進めることができます。いわば自己完結型の誹謗中傷策です。「相手をなるべく刺激したくない」というときに有力な手段となります。

「再発」予防

新たに誹謗中傷されたとき

逆SEOには、ネットでの風評被害の再発を防ぐ効果もあります。検索上位を好意的なサイトで固めてしまうことで、後から追加の誹謗中傷をされたときも、そのサイトが上位に表示されるのを防止することが可能となります。

会社として先手を打つ

検索エンジンは、基本的に先に公開されたサイトを上位に表示させる傾向があります。このため、強いサイトやブログを作って上位を独占してしまえば、その後に誹謗中傷の書き込み等があっても、上位表示されるのを予防する効果が期待できます。今後2ちゃんねるも(5ちゃんねる)などの掲示板やブログ、就職・転職サイト等で誹謗中傷の書き込みが行われる可能性がある企業様は、あらかじめ逆SEO対策を実施しておくといいでしょう。

通常のSEOにも大きな効果

逆SEO対策は、通常のSEOにも大きな効果があります。逆SEOの一環として多数のマルチドメイン型のサイトを作り、効果的に被リンクを配置することで、ビジネス拡大に直結するキーワードでの上位表示がしやすくなります。

逆SEOの問い合わせ